STAFF BLOGスタッフブログ

責任を全うすること【新入社員:大河原】 STAFF

責任を全うすること【新入社員:大河原】

はじめまして。

4月から新卒で入社した大河原です。


高校時代から解体のアルバイトをしていて、家の構造や生活の改善に興味が芽生え、イシカワリフォームに入社しました。

同期で入社した事務の松田とオリエンテーションを終え、まずは工務の藏本先輩に同行して見習いとしてスタートしています。



現場で勉強を始めてから1週間、ひとつわかったことがありました。


入社前、施工管理や工務の業務は、たくさんの現場を素早く立ち回るイメージでしたが、イシカワリフォームは違いました。

現場がいくつもあるのは同じですが、ひとつの作業が完了するまで、できるだけ現場に残ります。業者さんの道具を一緒に片付けて、施工箇所をお施主様に確認していただき、ご挨拶をしてからお宅を後にします。

お施主様は協力業者さんに発注したのではなく、イシカワリフォームにご発注いただきました。だから協力業者さん任せにはしない、最後まで責任を全するという姿勢が表れていました。

そして先輩も協力業者さんも、現場でのコミュニケーション、お客様との人間関係を一番大切にしていました。休憩時間などには、お施主様からの心遣いを肌で感じることもあります。だからこそ、期待以上の結果を残したいと心から思いました。

リピートしてご依頼いただけるお施主様が多い理由が、なんとなくわかった気がした1週間でした。


千葉市出身の20歳、初めての1人暮らしもスタートです。土地勘もなくまだ慣れませんが、まずは自炊生活、がんばっています。

現場でお会いした際は、お気軽に声をかけてください。

このページのトップへ