CASE 1

高齢なご両親へ 古民家リフォームのプレゼント

竣工:2017.7
分類:古民家リフォーム
ご両親が建てられた立派なお宅に同居のS様ご夫妻。
高齢になったご両親の足や腰の痛みに何とかしてあげたいとリフォームを決意されました。
床に座るのが困難で今まであまり使われていなかった東側の和室については、床を張り替えてソファで過ごしてもらいたい。浴室と脱衣室は、冬の寒さや転倒の危険がないようにしたい。
そんなS様ご夫妻の優しさいっぱいのリフォームとなりました。

ご両親の足腰が悪く掘りごたつに座ることが困難になり、もっぱらダイニングで過ごすことが多かったため、ソファを置けるようにフロアー張りに改装。
壁は調湿効果のある珪藻土に塗り替え、柱などの木部は灰汁洗いのあとフロアの色に合わせて塗装。飾り棚は和紙調のフィルムを貼って中が見えないようにしました。
重厚感のある和風の外観のイメージに合わせた、とっても雰囲気のあるリビングルームとなりました。

滑りやすく寒かったタイルの浴室を、高齢なご両親が使いやすいようにシステムバスに改装。温かく安全に入浴できるようになりました。

床段差なく浴室への出入りができる開きドア。
椅子に腰掛けて着替えができるように、脱衣室も広くしました。

ご両親の使いやすさを第一に考え、床段差や手すりの位置を検討したサニタリー。
脱衣室の出入り口の開きドアは他のドアとぶつかることが多かったため、引き戸に交換しました。そして、脱衣室のドアに3つの明かり窓を付けることで入浴中かどうかの確認ができるようにしました。
洗面台も一新し、安全で暮らしやすい空間に変わりました。

このページのトップへ